メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

マサバ漁船増を抑制 中国反発、強制力なく 乱獲対策で6カ国・地域合意

 北太平洋の公海上の漁業資源保護を話し合う「北太平洋漁業委員会(NPFC)」は26日、東京都内で3日間の日程を終え、日本や中国など各国がマサバ漁船の増加を抑制することで合意した。中国のマサバ漁獲量が急増し、資源が枯渇する恐れがあるためだが、中国の反発で強制力のない「努力目標」にとどまり、乱獲に歯止めがかけられるかは不透明だ。【寺田剛、宮川裕章】

 「最低限のスタートラインに立てた」。日本側代表として出席した水産庁の長谷成人次長は今回の合意内容を評価した。委員会には日本と中国、カナダ、ロシア、韓国、台湾の6カ国・地域が参加。このうち日本のマサバ漁は近海にとどまっており、北太平洋の公海上で捕獲しているのは中国のみだ。

この記事は有料記事です。

残り1871文字(全文2180文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

  2. 木下優樹菜さん引退 所属事務所が発表 1日に活動再開したばかり

  3. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  4. 他県への移動 都は「自粛を」 国は「必要ない」 また足並みに乱れ

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです