メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際協力銀・三井住友銀

アフリカに80億円融資

 ケニアで27日から始まる第6回アフリカ開発会議で、国際協力銀行と三井住友銀行がアフリカの銀行に総額8000万ドル(約80億円)の協調融資を行う契約を結ぶことが分かった。アフリカの銀行を通じて現地の輸入業者に資金を貸し、日本企業の輸出を後押しする狙い。高い経済成長を背景としたインフラ需要などを取り込みたい考えだ。

 両行が4000万ドルずつ融資する。政府系の国際協力銀だけでは資金に限界があり、三井住友銀の協力を得る。三井住友銀の融資は、独立行政法人・日本貿易保険が焦げ付いた場合の損失をカバーする。官民が協力して、アフリカ市場での存在感を高めたい意向だ。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 日本国内の感染者、4週間で27万人超に 米グーグルのAIが大幅増を予測

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです