メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

京大、強化新陣形 社団法人設立で資金集め

一般社団法人設立の抱負を語る京大アメリカンフットボール部の西村大介監督(左)と法人の三輪誠司代表理事=京都市左京区で2016年8月26日、宮川佐知子撮影

 4度の日本一に輝いた名門・京都大アメリカンフットボール部が、一般社団法人を設立した。部のゼネラルマネジャーで、法人代表理事に就任した三輪誠司さん(52)らが26日に発表した。財務面での透明性を高めて企業などからの協賛金を集めやすくし、チーム強化につなげるのが目的で、スポーツ庁によると同様の取り組みは全国的にも珍しいという。

 「京都大学アメリカンフットボールクラブ」として22日付で設立。京大が法人社員となり、部のOB会長や…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文659文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 韓国、対日批判強める 輸出規制「日本に大きな損害」 知日派の李首相活用も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです