ワンセグ敗訴

受信料制度に一石 NHK、徴収にも影響

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
NHK放送センター=東京都渋谷区で2014年1月、山本晋撮影
NHK放送センター=東京都渋谷区で2014年1月、山本晋撮影

 NHK受信料を巡り、さいたま地裁が26日、携帯電話のワンセグ放送だけでは受信契約を結ぶ義務はないと判断したことで、現行の受信料制度の限界が改めて明らかになった。

 放送法は「(NHKの)放送を受信することのできる受信設備」がある世帯や事業者に、受信料支払いを定めた契約の締結を義務づけている。

 NHKは、この「受信設備」にワンセグが視聴できる携帯電話や、テレビが視聴できるパソコン、カーナビも含まれると解釈。戸別訪問で「テレビがない」と答えた世帯にも、こうした機器の有無を尋ね、所有者には契約を結ぶよう…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文628文字)

あわせて読みたい

ニュース特集