メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉田の火祭り

夏の富士、名残惜しむ

燃え上がる大たいまつのそばを行き交う人たち=山梨県富士吉田市で2016年8月26日午後8時12分、喜屋武真之介撮影

 富士山の夏山シーズンの終わりを告げる「吉田の火祭り」が26日夜、山梨県富士吉田市内であった。国道沿いの約2キロに立てられた高さ約3メートルのたいまつ87本に次々に火がともされ、県内外から訪れた約16万人(主催者発表)が空を焦がす炎に見入った。

 約400年前から続くと伝わる、日本三奇祭の一つ。みこし…

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文245文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです