メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

若島正・評 『人生の真実』=グレアム・ジョイス著

 (創元海外SF叢書・2700円)

破壊と復興に重なる死と生のサイクル

 二〇一四年に亡くなるまで、二十年あまりのうちにヤング・アダルト向きのものも含めて二十冊近くになる独特の幻想小説を発表し、英国幻想文学大賞受賞六回、世界幻想文学大賞受賞一回と、その実力が充分に認められていた英国作家グレアム・ジョイスは、不幸なことに本邦では長篇『鎮魂歌(レクイエム)』一冊しか翻訳されていなかった。今回翻訳紹介された『人生の真実』は、その不幸を一気に拭い去ってくれるかもしれない、彼の代表作の一つであり、圧倒的な傑作である。

 世界幻想文学大賞を受賞したこの作品の、どこが「幻想文学」なのかと訝(いぶか)しがる読者もきっといる…

この記事は有料記事です。

残り1756文字(全文2060文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「高輪ゲートウェイ」化するニッポン=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです