メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『国家を考えてみよう』 著者・橋本治さん

 (ちくまプリマー新書・886円)

うっかりだまされないように 橋本治(はしもと・おさむ)さん

 政治がよく分からないのは、「政治」を入れておく「国家」という容(い)れ物が分からないから。「国家」が分かりにくいのは、「国家=国民」と「国家=領土」の二つの考えがあって、前者の歴史が意外に浅いから。言われてみればその通りの基本に立ち、日本、中国、欧州の歴史をひもときつつ、国家主義、立憲主義、改憲論までを丁寧に解きほぐす。

 「元は一般向けの電子書籍だったのを選挙権年齢が18歳に下がる参院選に合わせて書き直しました」。10代を念頭に置くが、年齢を問わず「そうだったのか」と納得する記述が満載だ。

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです