連載

きょうのセカンドオピニオン

読者からの身近な病気や健康の悩みに、専門医が答えます。

連載一覧

きょうのセカンドオピニオン

手根管症候群の手術は=答える人・斎藤貴徳教授(関西医科大総合医療センター)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

Q 手根管症候群の手術は

 10年ほど前に右手が手根管(しゅこんかん)症候群と診断されました。放っておいても大丈夫でしょうか。手術すると、どれくらいの期間使えなくなりますか。(山口県平生町、69歳、女性)

A 入院不要、通院1週間

 うでや手首を動かす正中神経と指を動かす9本の腱(けん)は手首の部分で骨と靱帯(じんたい)でできたトンネルの中を通っています。これを手根管と呼びます。手根管症候群は、腱がはれて神経が圧迫され、手がしびれる症状です。

 原因は主に使いすぎによる腱鞘炎(けんしょうえん)ですが、女性ホルモンの分泌とも関係しており、患者はほとんど女性です。年代別では20代と60代以降の患者が多いです。20代では出産の影響で女性ホルモンが低下するうえ、育児で手を酷使して腱鞘炎を起こしやすいため発症しやすくなります。60代以降は閉経が影響しています。

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文868文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集