メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球科学可視化技術研究所

化石研究者、産総研にベンチャー企業 地形の精密模型開発 防災教育などへの活用期待 /茨城

富士山周辺の無地の地形に、国土地理院の地図の画像を投影した模型。中央奥が富士山

 地形の精密模型を開発するベンチャー企業「地球科学可視化技術研究所」が、産業技術総合研究所(産総研、つくば市東1)内に設立された。無地の模型に地質ごとに色分けした画像などを投影するため「コンピューターグラフィックス(CG)より直感的に地形を理解できる」と高評価。防災教育や街歩きツアーでの参考資料など、多方面での活用が期待されている。【大場あい】

 設立したのは産総研の地質標本館学芸員、芝原暁彦さん(38)。国土地理院が公開しているデータを基に、…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文792文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです