メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盤上の風景

/4 将棋 千田翔太五段 将棋ソフトの申し子 /大阪

将棋ソフトを駆使して棋力の向上を図る千田翔太五段=大阪市福島区の関西将棋会館で、新土居仁昌撮影

 「これはNDF(ナイン・デイ・フィーバー)とGPS将棋の対戦です。GPSは(2013年の電王戦で)三浦さん(弘行八段・現九段)に勝ったやつですね」

 「評価値はコメント欄に出ます。GPSが今、8六歩と突いたところですが、(形勢が)250点いいと思っていますね。ソフトの強さは棋譜だけでは分かりにくいけど、評価値が理解を助けてくれます」

 さくさくとパソコンを操作しながら、記者にコンピューター将棋ソフトの対戦を解説してくれる千田(ちだ)翔太五段(22)。昨年度、初出場のNHK杯戦で準優勝した気鋭の若手は、将棋ソフトの申し子ともいうべき超個性派棋士だ。

この記事は有料記事です。

残り1258文字(全文1533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  4. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです