メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

福島第1原発事故 集中除染、線引き課題 帰還困難区域に「復興拠点」

 東京電力福島第1原発事故から5年以上たっても方針が示されなかった福島県の帰還困難区域で、新たな復興策が動き出す。市町村ごとに定める「復興拠点」を除染し、開始から5年後をめどに避難指示解除を目指すという与党の復興加速化の6次提言だ。ただ、復興拠点をできるだけ広げたい地元と費用対効果を考慮する国との間で、範囲の線引きは難しい作業になりそう。その先にある全域除染、全域帰還の道筋はいまだ見えていない。

この記事は有料記事です。

残り2150文字(全文2349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  4. 中村さん事件で生存者 後続車運転の男性「突然の銃声、20秒の犯行」

  5. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです