メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・学ぶ

無知が生んだ差別を知って 「ハンセン病と人権 夏期セミナー」

セミナーで平沢さん(左)の講演に聴き入る参加者たち=東京都東村山市の国立ハンセン病資料館で

 東京都東村山市の国立ハンセン病資料館(成田稔館長)が昨年初めて実施した「ハンセン病と人権 夏期セミナー」は2回目の今年、定員50人を倍以上上回る118人が参加した。隔離政策の歴史や社会の無関心で多くの患者や元患者が苦しめられたハンセン病問題について体系的に学べるため、人権教育の授業づくりに生かせると、特に教員らに好評だ。

この記事は有料記事です。

残り2407文字(全文2569文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. 責任能力ない男性の突き飛ばし事件 両親の監督義務なし 遺族の賠償請求棄却 大分地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです