メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・子育て・親子

体操習慣で乗り物酔い防ぐ

 夏休みが終わり、間もなく秋の行楽シーズン。旅行に遠足、体験教室と、子どもたちが乗り物で移動する機会が増える。つらい乗り物酔いを防いで、楽しい思い出を作りたい。

 ●病名は「動揺病」

 乗り物酔いの歴史をさかのぼると、紀元前5世紀ごろにたどり着く。

 「ヒポクラテスの時代にはもう、地震でもないのに揺れているような感覚に陥る『地震酔い』があった。視覚情報と平衡感覚にずれが生じ、自律神経が乱れるメカニズムは乗り物酔いと同じ。人類は昔から、苦しんできた」

 目まい治療の第一人者である川越耳科学研究所クリニック(埼玉県川越市、電話049・226・3387)…

この記事は有料記事です。

残り1274文字(全文1547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです