メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 樋口良澄さん

樋口良澄さん 関東学院大客員教授=東京都千代田区で2016年7月25日、猪飼健史撮影

 ■鮎川信夫、橋上の詩学 樋口良澄(ひぐち・よしずみ)さん 思潮社・2916円

戦争を通過した表現

 鮎川信夫(1920〜86年)は戦後詩を代表する詩人で、今年が没後30年に当たる。作品の魅力とともに、それを支えた方法の根源を明らかにした力作だ。資料も新たに発掘した。

 著者は関東学院大で編集文化論を教える。80〜86年には雑誌「現代詩手帖」編集長を務め、晩年の鮎川と親しく接した。「優しく、深みのある人でした」。高校2年の時にその詩に出会って以来、世界の存在自体を捉えようとする批評的な表現にひかれてきた。それだけに鮎川が脳出血で急死したのはショックだった。

 この本では、戦前から日中戦争期にかけて、鮎川の父親が出していた天皇制ファシズムに基づく修養雑誌の編…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文902文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです