ゾウ

「はな子」銅像に 吉祥寺駅前設置へ 武蔵野市が募金 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 武蔵野市の邑上(むらかみ)守正市長は29日の定例記者会見で、5月に国内最高齢の69歳で死んだアジアゾウ「はな子」の銅像を、市民からの寄付で吉祥寺駅前(暫定的に北口広場)に設置することを発表した。

 はな子は1949年にタイから来日し、当初は上野動物園にいたが、武蔵野・三鷹の両市民の誘致活動で54年に井の頭自然文化園に移って62年間を過ごした…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

あわせて読みたい

注目の特集