メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進県連

1区総支部問題 役員ら14人離党承認、解散には応じず /静岡

 民進党静岡県連は29日に開いた常任幹事会で、次期衆院選静岡1区の公認候補者を巡る対立で離党届を提出した、1区総支部長代行の小長井由雄県議や相談役の牧野聖修元衆院議員らの離党を承認した。また、1区総支部長に選び党本部が公認を内定した大学講師の福村隆氏(52)を支援することを改めて確認した。

 離党を認めたのは小長井、牧野両氏と白鳥実、石井孝治両静岡市議を含む1区総支部の役…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いきものと生きる バッタ 海を渡る=五箇公一

  2. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  3. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  4. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです