メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

密着けいざい

AIの今/4 49%の仕事、代替可能 政府、働き手不足解決策に

本人そっくりの受け答えをする「パーソナルAI」を開発するオルツの米倉千貴社長。画面左の人物は米倉社長を模したパーソナルAIだ=同社提供

 社長「今日の予定を教えてくれる?」

 秘書「午前9時からイベント準備、午後1時からイベント、8時から打ち上げです」

 職場でのごく普通の会話のようだが、やり取りしているのは、実は社長と秘書それぞれにそっくりの人工知能(AI)。忙しい社長や秘書に代わり、スケジュールはAI同士が調整してくれる−−。これは、ベンチャー企業のオルツ(東京都江東区)が想定する近未来のオフィスの風景だ。

 同社は、人に成り代わって他者とコミュニケーションできる「パーソナルAI」を研究している。ある人物が…

この記事は有料記事です。

残り1609文字(全文1847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 王将戦リーグ 藤井七段が久保九段破り首位タイ 19日に挑戦権かけて広瀬竜王戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです