メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

男性ファッション 国内外で「和」に再注目

「オム・プリッセ・イッセイミヤケ」のはかま風パンツ=イッセイミヤケ提供

 メンズファッションの世界で最近、「和」を感じさせるデザインや素材の服が数多く発表され、国内外で注目されている。現代的な洋服に取り入れる新鮮味や、伝統に裏付けられた機能性が評価されているようだ。

 世界的ファッションデザイナー、三宅一生さん(78)とデザインチームが手がけるメンズブランド「オム・プリッセ・イッセイミヤケ」は今年の秋冬物から、はかま風のワイドパンツを販売する。また来年の春夏物として、浮世絵などにも登場する着物のしま柄を取り入れたジャケットやシャツも展開予定だ。ブランドの企画担当者は「スポーティーなポリエステルの生地に、対極的ともいえる和の要素を組み合わせることで、深みのある服になった」と話す。

 三宅さんはこれまでも日本の伝統的な技術や素材を積極的に使っており、別のブランド「プリーツ・プリーズ」では今年、羽織風のコートやゲタのようなサンダルを販売している。日本を代表するグラフィックデザイナー、故・田中一光さんが写楽や日本舞踊をモチーフに制作した作品をプリントしたもので、男女問わず幅広い世代に着られているという。

この記事は有料記事です。

残り1261文字(全文1728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです