メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

ハリルイズム深化 来月1日からW杯アジア最終予選 戦術など提言書、妥協許さず

最終予選突破へ本田(左から2人目)、岡崎(右下)ら海外組の活躍が期待される=埼玉スタジアムで3月29日、宮間俊樹撮影

 2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア最終予選が9月1日、始まる。1年間の長丁場となり、6大会連続6回目の出場を目指す日本のB組は昨年のアジアカップで優勝したオーストラリアなど難敵がそろう。勝利とともに、本大会を見据えた戦力の底上げも求められる。【鈴木英世】

 25日の代表メンバー発表記者会見。ハリルホジッチ監督は最終予選の厳しさを改めて強調した。「日本は予選突破確実の候補ではない。誰も(出場権を)勝手にくれるものではない。我々は強い気持ち、勇気を持って、最終予選を勝ちにいく野心を持っている」。14年W杯ブラジル大会も経験した本田、香川、岡崎といった常連組が名前を連ね、負傷者が出た場合のバックアップとして経験豊富な中村(川崎)を招集する意向を表明。W杯出場権を手にするため、「リスクは負えない」との不退転の決意がうかがえた。

 計算の立つベテランを軸にする方針を示す一方、リオデジャネイロ五輪代表だった大島、浅野の2人を抜てき…

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです