メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

お寺検索サイト、まいてら誕生 所在地で、目的で、宗派で 現在25カ寺、会員制度やお坊さん人柄紹介

「まいてら」のトップページ。「法事」や「坐禅」など関心のあるジャンルから寺院を検索できる

 全国に7万以上もあるとされる寺院の中から「私に合ったお寺」を見つけてもらおうと、寺院検索・紹介サイト「まいてら」(http://mytera.jp)が先月、開設された。独自の基準で審査した寺院を、「お坊さん」「お墓」など共通の項目で比較できるように紹介する、いわば「お寺版グルメサイト」。寺離れが広がりインターネットで僧侶派遣を注文できる時代に、檀家(だんか)と菩提(ぼだい)寺という関係を超えて利用者がニーズに合わせ寺を選ぶ新しいスタイルにつながる取り組みとして注目されそうだ。【花澤茂人】

 「お寺のある生活」。そんなキャッチコピーが掲げられたトップページからは、「法事」「坐禅(ざぜん)」「法話会」など利用者が興味のあるジャンルや、所在地、宗派などから寺院を検索できる。寺院紹介ページでは「見どころ」「お葬式」など項目ごとに情報が整理され、例えば「会員制度」の項目では檀家の年会費を明示するほか「サポーター」など、より気軽につながる方法も示す。「お坊さん」の項目では、僧侶の写真や経歴、コメントなどで親近感を抱かせる。

 「菩提寺との関係を面倒に感じ疎遠になる人がいる一方、仏教に興味を持ちもっと気軽にお寺や僧侶とつながりたい人はたくさんいる」。サイトを運営する一般社団法人「お寺の未来」(東京都港区)の井出悦郎・代表理事(37)は背景についてそう語る。「今後、檀家かどうかという壁はどんどん低くなるはずです」

この記事は有料記事です。

残り1555文字(全文2162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. オリックス山崎福 「緩急はまった」充実の3勝目 好けん制にも助けられ

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです