日本酒

おっさんに売らない!…若者向け限定酒「J23」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「J23 KIKUSUI」を手に取る高沢社長=新潟県新発田市で、堀祐馬撮影
「J23 KIKUSUI」を手に取る高沢社長=新潟県新発田市で、堀祐馬撮影

新潟の「菊水酒造」 「20〜45歳」の年齢制限付き

 「菊水酒造」(新潟県新発田市)は9月1日から、購入できる条件に「20〜45歳」の年齢制限を設けた純米大吟醸の日本酒「J23 KIKUSUI」を数量限定で販売する。原料の酒米を4分の3以上削り込むぜいたくな造りで、将来消費者となる若者層に、日本酒のおいしさを知ってもらうのが狙いだ。同社の高沢大介社長は「J23を通じて、日本酒を楽しみながら飲んでくれる若者が増えればうれしい」と期待を寄せている。【堀祐馬】

 同社が若者向け限定酒を発売する背景には、日本酒離れの深刻さがある。国税庁のまとめによると、2013年の国内の清酒の消費量は約58万キロリットルと、1970年代のピーク時と比べ、3分の1程度にまで落ち込んでいる。嗜好(しこう)の多様化などが主な要因とみられ、同社は定期的に飲み比べ会などを開いて若者や女性の意見を聞き、日本酒愛好家の裾野を広げようと努めてきた。

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1133文字)

あわせて読みたい

注目の特集