原因不明まひ

61人、エンテロウイルス原因か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

流行時期に入院、約8割にまひの後遺症が残る

 昨年夏以降、発熱などに伴うまひ症状が子どもに相次いだ問題で、厚生労働省の研究班は29日、全国調査の結果、「エンテロウイルスD68」の流行時期にまひで入院した61人がウイルス感染との関連が疑われ、その約8割にまひの後遺症が残っていると発表した。検査できた患者のうち、4分の1からはウイルスが検出された。

 研究班によると、まひの患者は33都府県で115人の報告があった。調査に協力した101人のうちウイルスが流行していた昨年8〜12月にまひを起こした子どもは95人。このうち他の原因が考えられる患者を除いた61人は、過去のウイルス感染で報告のある「急性弛緩(しかん)性脊髄(せきずい)炎」と診断された。うち1人は外国人で国外で発症した可能性があるという。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文619文字)

あわせて読みたい

注目の特集