メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原因不明まひ

61人、エンテロウイルス原因か

 昨年夏以降、発熱などに伴うまひ症状が子どもに相次いだ問題で、厚生労働省の研究班は29日、全国調査の結果、「エンテロウイルスD68」の流行時期にまひで入院した61人がウイルス感染との関連が疑われ、その約8割にまひの後遺症が残っていると発表した。検査できた患者のうち、4分の1からはウイルスが検出された。

 研究班によると、まひの患者は33都府県で115人の報告があった。調査に協力した101人のうちウイルスが流行していた昨年8〜12月にまひを起こした子どもは95人。このうち他の原因が考えられる患者を除いた61人は、過去のウイルス感染で報告のある「急性弛緩(しかん)性脊髄(せきずい)炎」と診断された。うち1人は外国人で国外で発症した可能性があるという。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. JR東が終電繰り上げ、最大37分 来春、首都圏17路線

  3. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです