浜岡原発

3号機 冷却水を冷やす海水漏れ 

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中部電力は29日、浜岡原発3号機(静岡県御前崎市)のタービン建屋地下1階で、冷却水を冷やす海水約3立方メートルが漏えいしたと発表した。放射性物質は含まれていないという。

 中部電によると、27日午前10時20分ごろ、作業員が建屋の床に水がたまっているのを発見した。冷却用の海水を供給する配管の点検中、…

この記事は有料記事です。

残り93文字(全文243文字)

あわせて読みたい

注目の特集