SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『なぜ蚊は人を襲うのか』嘉糠洋陸・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

名付けて“空飛ぶ注射器” やっぱりアイツは強い

◆『なぜ蚊は人を襲うのか』嘉糠洋陸・著(岩波書店/税抜き1200円)

 いなくなったと思った途端に再び飛び始める蚊。今度こそいなくなったと思ったら、既に自分を刺し終えている。殺人未遂と殺人ではだいぶ罪の重さが異なるが、蚊の場合、多くの人は未遂では納得せずに「必ず殺してやる!」といきり立つ。その殺意を知ったところで、「ダメだよ!」と止める人はいない。

 「血を吸われないように、必死で蚊を集める様は、どんなシューティングゲームよりもスリルたっぷり」と言ってのける著者は、大量の蚊を飼い、アフリカ奥地まで蚊を追いかけてきた。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文934文字)

あわせて読みたい

注目の特集