メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふれあい食堂

好評 食通じ、心通わす楽しさ ボランティアが支援 松山 /愛媛

高齢者やボランティアスタッフと共に食事を楽しむ子供たち=松山市鷹子町の久米公民館で、黒川優撮影

 松山市鷹子町の久米公民館に7月オープンした「ふれあい食堂」が地域の子供たち、お年寄りに好評だ。毎週木曜の夕方、子供(18歳未満)は無料、大人は100円で食事ができ、一緒におしゃべりを楽しんでいく。呼びかけ人で久米ふれあいタウンづくり協議会の仙波英徳事務局長(62)は「昔は近所の人の家でご飯を食べるのは普通だった。これからは公民館がそうした場になれば」と話す。【黒川優】

 「いただきます」。今月下旬の木曜日、午後6時。地域の子供19人と、ボランティアや高齢者ら28人がそろって手を合わせた。この日のメニューはトンカツやポテトサラダ。子供たちは学校で楽しかったことなどを大人と話し、食べ終わると誰に言われるともなく食器を片付け、テーブルを拭いた。弟と二人で来た市立久米小3年の仙波凉丞(りょうすけ)さん(9)は「お母さんは仕事で忙しく、ご飯はいつも弟と2人。トンカツはおい…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  4. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  5. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです