支え愛

SASAEAI のしかかる介護貧困 /高知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 高齢者の割合が非常に多い高知県。最近、介護にかかわる相談が増えています。

 介護を受けたくても受けられない介護難民や高齢者が高齢者の介護をする老々介護、両親や義父母のダブル介護、親と子どものダブルケアなど介護に関わる問題が家庭を蝕んでいます。

 少子化によって1人で両方の親を介護しなければならず、幼い子どもを抱えながらの介護も加わり二重三重の負担になっています。「あいあい」にも、「子どもたちが巣立ち余暇が出来たのでボランティアをしたい」と訪れる方は多いのですが、半年くらい経つと「親の介護をしなければならないので……」と去られることがあります。

 メンバーの中にもかなり厳しいトリプル介護を5年間続けた方もいます。祖母、義父を看取った後、祖父の介護をしながら、義母と実母の介護が重なり夫と二人で働きながら3年自宅で面倒をみていました。

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1419文字)

あわせて読みたい

注目の特集