メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

配偶者控除、見直し検討 家族の形、変化に対応 増税世帯対策が焦点

 自民党税制調査会が、専業主婦世帯の税負担を軽減する「配偶者控除」の見直しを検討することになった。少子高齢化で働き手が不足する中、安倍晋三政権が掲げる「1億総活躍社会」や「働き方改革」の柱として、女性の社会進出を後押しする狙いだ。だが、増税となる世帯の反発も予想され、曲折もありそうだ。「税制以外の制度も改善しなければ、女性の就労は進まない」との意見も多い。

 「女性の社会進出や共働き夫婦を税制面でも支援していこうという表れだ」。自民党の二階俊博幹事長は30…

この記事は有料記事です。

残り2249文字(全文2478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです