メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル・エンドレスウォー

第2章 AIロボット最前線/6止 誤りは人間か機械か 自律型軍用ロボ、倫理に議論

2014年夏のパレスチナ自治区ガザ地区での戦闘中に起きたという「誤爆」について語ったシーア指揮官。名字や顔が見える写真の報道は、軍により禁じられた=イスラエル中部パルマヒムにある空軍基地で2015年1月、大治朋子撮影

 2014年夏に約50日間続いた、パレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスとの戦闘。イスラエル軍無人航空機(ドローン)パイロットの訓練教官シーア指揮官(23)に当時の状況を聞いていた時だった。彼女がふと、「誤爆」について語り始めた。

 彼女は当時、ドローンの操縦者だった。ある日、空爆対象の建物近くに市民3人がいるのが見えた。準備態勢に入った別の軍用機操縦者に知らせようとしたが「通信に問題があり彼らは私の声を聞いていなかった。空爆を止めようとしたけれど間に合わなかった。人々に爆弾が当たるのが見えた」。指揮官によると「現場は混乱していた。上空には数百の(無人と有人の)軍用機がひしめき(爆撃担当の)彼は別の声を我々(のゴーサイン)と勘違いした」という。

 ドローン操縦者のベン中尉(21)によると「操縦は2人1組で平時は1日4時間従事する。それでも長い。…

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです