連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

デジタル遺品、放置せず対応

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
イラスト・深澤かんな
イラスト・深澤かんな

 故人がパソコンなどに残したデータ「デジタル遺品」がもとで、トラブルが起きたり遺族に損害が及んだりすることがある。不測の事態にどう備え、対処すればいいのだろう。

 ●株やFXで損失

 「夫はパソコンで株取引をしていたようだが、よく分からなくて困っている」。日本セキュリティ・マネジメント学会の萩原栄幸理事は10年以上前、夫を亡くした女性から相談を受け、デジタル遺品の問題にかかわるようになった。このケースでは、パソコンのパスワードを解析して、株取引や有料サイトの登録を止めるようアドバイスした。萩原さんは「『デジタル遺品』が危ない」(ポプラ新書)を書いて警鐘を鳴らしたが、スマホの普及もあり、相談が急増しているという。

 相談には次のような深刻なケースもあった。

この記事は有料記事です。

残り1340文字(全文1668文字)

あわせて読みたい

注目の特集