メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風10号

岩手の高齢者施設で9人死亡 小本川が氾濫

 大型の台風10号は30日、岩手県に上陸した後、東北地方を縦断して日本海に抜け、31日午前0時に温帯低気圧に変わった。国土交通省によると、北海道、岩手、青森両県の8水系17河川で堤防の決壊や浸水被害が出ている。岩手県警によると、岩泉町の小本(おもと)川が氾濫し、同町乙茂地区にある高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」で入所者とみられる高齢者9人が意識不明の状態で見つかり、全員の死亡が確認された。さらに、小本川の川岸で男性1人、同町に隣接する久慈市でも女性1人の死亡が確認された。また、北海道では清水、大樹、新得各町でそれぞれ男性1人が行方不明になっている。

 岩泉町によると、「楽ん楽ん」は三陸鉄道岩泉小本駅から西に約10キロ離れた集落にある。平屋建てで認知症の高齢者ら9人が入居しており、職員は隣の別の高齢者施設「ふれんどりー岩泉」(3階建て)にいたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

  2. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  3. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  4. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

  5. 特集ワイド 北朝鮮、コロナ禍で金王朝に異変? トップ女優、謎の復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです