メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
東京五輪

どれだけ暑いか、まぶしいか…瀬古さん道路試走

温度上昇を抑える舗装技術を用いた道路を走る瀬古利彦さん(手前から3人目)と花岡伸和さん(手前)ら=東京都渋谷区で2016年8月31日午前11時6分、梅村直承撮影

舗装技術の活用を検討の国交省が国道246号で開く

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、暑さによる道路の温度上昇を抑える舗装技術の活用を検討している国土交通省は31日、東京都渋谷区の国道246号で試走会を開いた。元マラソン五輪代表の瀬古利彦さんや、12年ロンドン・パラリンピックの男子車椅子マラソンで5位入賞した花岡伸和さんらが参加し、暑さの体感や路面のまぶしさがどれだけ違うかを確か…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです