湘南ひらつか花火大会

男女2人がけが 破片など落下

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
観客席に落ちていた手のひらほどの大きさの花火の破片=平塚市提供
観客席に落ちていた手のひらほどの大きさの花火の破片=平塚市提供

 神奈川県平塚市は30日、同市の相模川河口を会場に26日に行われた「湘南ひらつか花火大会」で、打ち上げた花火の破片などが落下して2人がけがをしたと発表した。東京都から来た70代の女性は破片が額に当たって3針縫うけがをし、同市の小学5年の男子児童は燃えかすが目に入る軽いけがをした。

 市商業観光課によると、花火大会は約30…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文347文字)

あわせて読みたい

注目の特集