メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アップル追徴

税優遇、厳しく対処 世論の批判集まり

 【ベルン坂井隆之、ブリュッセル八田浩輔】欧州委員会が最大130億ユーロ(約1兆4866億円)もの巨額納税をアップルに課すようアイルランド政府に命じた背景には、税制優遇で企業誘致を図る加盟国の存在が、国際的な課税逃れ対策の「抜け穴」になっているとの問題意識がある。

 欧州にはアイルランド以外にも、ルクセンブルクやオランダ、キプロスなど、低い法人税率や緩やかな税規制で企業誘致を図っている国が少なくない。アップルやスターバックスなどの多国籍企業はこうした優遇策を利用して納税額を大幅に圧縮してい…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです