メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア地震1週間

寒さ襲うテント村「早く仮設住宅に」

劣悪な生活環境のテントで暮らす被災者たち=イタリア中部ペスカラ・デル・トロントで2016年8月29日、福島良典撮影

 290人以上の死者を出したマグニチュード(M)6.2のイタリア中部地震の発生から31日で1週間を迎える。故郷ががれきの山と化した被災者たちは、将来の復興や帰還が見通せない中、劣悪な生活環境のテント村で不安な日々を送っている。【ペスカラ・デル・トロント(イタリア中部)で福島良典】

     10人が犠牲になった被災地ペスカラ・デル・トロント。地震で崩落した岩が残る道路の脇に青色のテントが並ぶ。入居しているのは3人の子どもを含む被災者62人。ボランティアが交代で食事などの支援をしている。

     夫と息子2人の一家4人で避難したアレッサンドラさん(45)は地震で左足首を骨折し、車椅子の暮らし。地震発生の約16時間後に救出されたジョルジャさん(4)と、妹をかばうようにして亡くなったジュリアさん(8)の姉妹はアレッサンドラさんのめいだ。

     テント村は標高約740メートルの山間のため、朝晩は気温10度前後にまで冷え込む。テントに暖房器具はあるが、アレッサンドラさんは「夜は、川から湿気を帯びた寒気が吹き付けてくる。あと2週間もすれば冬がやって来る」と不安げだ。

     1張りのテントに8人の被災者が入るため、2〜3家族が同居状態となり、プライバシーはない。ジュゼッペさん(70)とアンナさん(70)の夫妻は「日本の(震災後の対応の)ように迅速にはいかないだろうが、早く仮設住宅に移りたい」と願っている。

     イタリア紙レプブリカなどによると、政府の震災対策は緊急措置(短期)、被災地復興(中期)、被害防止(長期)の3本柱。各地のテントなどで暮らす被災者計約3000人は1カ月で仮設住宅に移り、4〜5カ月で当面の定住先に落ち着く見通しだという。

     レンツィ首相は「土地には魂がある。貴重な過去を持つ地方(被災地)が未来を持てるようにする」と被災地復興を約束している。レプブリカ紙によると、再建工事は来春着手の予定とされる。

     だが、復興は時間がかかり、前途多難だ。2009年4月にM6.3の地震に見舞われたラクイラでは復興汚職が表面化。行政手続きの遅れもあって7年以上たった今も修復工事が続く。中心部の人影はまばらだ。

     中心部で菓子店を営むマニエリ・トゥリオさん(65)は「復興は遅く、わずかしか進んでいない。服飾店、食料品店は閉まったままで、各種事業所も再開していない」と嘆く。今回の被災地の復興も「5年くらいは動かないのではないか」と悲観的だ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
    2. 練習ミス 罰マラソンで中2男子が熱中症 大津
    3. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
    4. 猛暑 教室のTVで終業式 体育館や校庭避ける 愛知
    5. 千葉地裁 ディズニーリゾートでパワハラか 契約社員提訴

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]