ロシア

大統領12月に訪日 補佐官「日本側と合意」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ロシアのプーチン大統領
ロシアのプーチン大統領

 【モスクワ真野森作】ロシアのウシャコフ大統領補佐官(外交担当)は30日、露メディアに「プーチン大統領の訪日は12月になる。既に(日本側と)訪問日程で合意した」と語った。タス通信が伝えた。安倍晋三首相とプーチン氏は9月2日にロシア極東ウラジオストクで会談する。この際に、プーチン氏訪日のための最終的な詰めの協議が行われる見通しだ。

 ロシア側が、プーチン氏訪日の具体的時期に踏み込むのは初めて。ウシャコフ氏は「日本での首脳会談では経済・貿易分野での協力が最重要テーマの一つとなる」と述べた。安倍政権は今回の訪日を北方領土問題の前進につなげたい考えだが、経済関係を重視するロシア側との思惑のすれ違いをどう克服するかが課題となる。

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文797文字)

あわせて読みたい

注目の特集