メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
台風10号

東北縦断、局地的豪雨 住民、体育館に身寄せ

台風10号の接近に伴い、避難所で不安な夜を過ごす人たち=岩手県大槌町で2016年8月30日午後8時14分、宮武祐希撮影

 強い台風10号は30日、岩手県大船渡市付近に上陸し、暴風域を伴って東北地方を縦断した。同地方は局地的に豪雨に見舞われ、東日本大震災で津波被害を受けた沿岸部では住民らが体育館などに身を寄せ、不安な夜を過ごした。

◇岩手

 岩手県宮古市は午後5時、市内の全仮設住宅(235世帯、614人)に避難指示を出した。市立宮古小学校体育館には午後6時までに、震災の津波で被害を受けた市中心部の住民ら66人が避難した。年配の女性は「水の被害はもうこりごり」と、激しい雨音が館内に響く屋根を不安そうに見上げた。

 釜石市は30日午後4時すぎ、川の堤防が決壊する恐れがあるとして流域に避難指示を出した。小中学校体育…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1300文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです