英国

少年6人、移民殺害 EU離脱決定後、東欧出身者へ攻撃増

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ロンドン矢野純一】英南東部ハーローでポーランド移民の男性(40)を暴行して殺害したとして、地元警察は8月31日までに15〜16歳の少年6人を殺人容疑で逮捕したと発表した。人種差別が背景にあるとみて調べている。国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を決めて以降、東欧出身者らに対する嫌がらせなどが相次いでおり、移民や市民団体が懸念を強めている。

 警察によると、少年6人は8月27日深夜、ハーローの商店街のピザ店前で食事をしていた精肉工場従業員の男性ら2人を暴行。男性は頭などを強く打ち同29日に死亡。もう一人のポーランド人男性(43)も腹などを負傷した。死亡した男性は2012年にポーランドから移住していた。

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文473文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集