メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

高齢者施設9人死亡(その1) 県、避難水位設けず 現場、過去にも浸水

 観測史上初めて東北地方の太平洋岸に上陸した台風10号は、岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」で入所者9人の命を奪うなど、東北と北海道に大きな被害をもたらした。西日本だけでなく、北に位置する地方も「水害大国」の一角であり、列島全域での防災が重要であることが改めて浮き彫りになった。

 「楽ん楽ん」近くを流れる小本(おもと)川を管理する岩手県によると、水位は30日夜、短時間で急上昇した。同ホームから約4キロ下流にある観測所では、同日午後6時に3・17メートルだった水位は、1時間後に5・10メートルに。ピークの同8時には6・61メートルを記録し、正午時点(1・56メートル)の4倍になった。国土交通省の担当者は「通常ではなかなか想定しづらい数字(上昇)だ」と驚きを隠さない。

この記事は有料記事です。

残り1597文字(全文1944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. マスク補助ベルト、帯紐「水引」で鮮やかに 実用とデザイン備え 金沢

  4. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  5. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです