メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベラ・チャスラフスカさん死去

信念と勇気の花 力強く美しく 「プラハの春」支持に共感

 体操女子の1964年東京、68年メキシコ両五輪の金メダリスト、ベラ・チャスラフスカさんが30日、亡くなった。柔らかな体の動きと、モダンジャズを思わせる大胆で力強い演技。現在のようなアクロバティックな技が主流となる以前の、美しさが観客の心をとりこにする時代を象徴する選手だった。東京五輪では、その優美な演技で「名花」とたたえられたが、50年を超える歳月を経た今もなおチャスラフスカの名が特別な響きを帯びるのは、その後の信念ある生き方も人々の心をとらえて離さなかったからだ。

 華やかだった人生が一変したのは68年。「プラハの春」で知られる母国チェコスロバキアの民主化運動を支…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1056文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃
  5. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです