メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

築地市場

豊洲移転をめぐる歴代都知事の発言を振り返る

築地市場(手前)から移転する豊洲市場(奥)=東京都中央区で2016年7月30日、本社ヘリから徳野仁子撮影

 東京都の小池百合子知事は31日、緊急記者会見を開き、11月7日に予定されていた都中央卸売市場築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転開場を延期すると正式に発表した。移転を決定した石原慎太郎氏以来、歴代都知事は移転についてどのように会見で語っていたのか。主な発言を振り返った。【デジタル編集部】

 あそこ(築地市場)を移すことが文化への冒とくか。食が文化ならば、あんな清潔とは言えない危険な上にアスベストの屋根がたくさんあるところで存続するより、はるかに清潔で機能的なものを造るほうが文化的な措置だと思う(1999年11月12日)

 築地は選挙戦のために無理やり持ち出された問題だ。だが、あれだけの話題になったので、とにかく早急に専門家を選んで、検討してもらう。再検討をして結論が出るまで半年はかかる。ボーリングを含め再調査になると、合わせて2年ぐらいは移転が遅れる。あそこは大量のアスベストが使われており、もっと現代的な機能的な清潔で危険でない施設に変えるべきだ。(2007年4月9日、3選を果たした翌日の会見で)

 築地市場について議会の議論を踏まえ豊洲…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  2. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 「経済的にしんどかった」 40万円着服容疑で津市職員を告訴 三重

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです