台湾

国民党資産没収へ調査本格化 政府委が発足

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【台北・鈴木玲子】台湾・民進党の蔡英文政権が野党・国民党の資産解体を狙って成立させた法律に基づき、行政院(内閣)は政党資産を調査する「不当党産処理委員会」を31日発足させた。終戦後に台湾で日本から接収した資産を基に巨額資産を築き「世界一の金持ち政党」と呼ばれた同党の資産を没収する動きが本格化する。

 林全・行政院長(首相)から同委トップの…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文397文字)

あわせて読みたい

注目の特集