メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一人芝居

日本のシンドラー・杉原千畝の精神学んで 水澤心吾さん、千代田で17日 /東京

 第二次世界大戦中のリトアニアでナチスの迫害を逃れてきたユダヤ人に、外務省の命令に反して日本の通過ビザを発給した外交官、杉原千畝の人生を描いた一人芝居「決断 命のビザ」が17日、千代田区内幸町1の区立内幸町ホールで上演される。杉原役の俳優の水澤心吾さん(66)は「権力に背いても正義を貫いた杉原の精神は現代にも通じる。生き方や人生に迷っている若い人に見てもらいたい」と話す。

 杉原千畝は1900年生まれ。駐リトアニア領事代理だった第二次大戦中の40年、ナチス・ドイツの迫害を…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです