メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

18歳成人、民法改正案 変わる大人の定義 消費者被害、懸念も

 法務省は、民法の成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる改正案を来年の通常国会に提出する方針を固め、1日から国民からの意見公募を始めた。国会での成立後3年間の周知期間を見込んでおり、早ければ2020年にも「大人」と「子供」の境界線が変わることになる。国民生活にも多大な影響を与えそうだ。【鈴木一生、早川健人、鳴海崇】

 「政府としては環境整備のための諸政策に取り組んでおり、一定の成果を上げている。早ければ来年の通常国会に提出することも一つの選択肢だ」。1日の記者会見で、成人年齢の引き下げについて問われた菅義偉官房長官は前向きな姿勢をみせた。

この記事は有料記事です。

残り1826文字(全文2100文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

  5. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです