メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

命守る助けに防災手帳を

「みんなの防災手帳」の使い方を説明する東北大災害科学国際研究所の佐藤翔輔助教=仙台市青葉区の同研究所で

 津波など災害が起きた時、家族がそれぞれ避難して自分の命を守る「津波てんでんこ」。東北の三陸沿岸で継承されてきたこの言い伝えを共有し、実践してもらおうと、東北大災害科学国際研究所が「みんなの防災手帳」の普及に取り組んでいる。東日本大震災がきっかけで始まり、手帳を導入する自治体が増えている。

 ●文庫本サイズ

 みんなの防災手帳は、文庫本サイズで約150ページ。胸ポケットに入り、気軽に手にできる。冒頭には家族…

この記事は有料記事です。

残り1195文字(全文1398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです