ヘイトスピーチ

大阪・抑止条例2カ月 ネットへの対応を重視 審査会会長・坂元茂樹氏

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ヘイトスピーチの抑止を目指す全国初の大阪市条例が完全施行されて1日で2カ月になった。条例に基づき設置された審査会の会長で、元国連人権理事会諮問委員会委員の坂元茂樹・同志社大教授(66)は毎日新聞のインタビューで、申し立てられた内容がヘイトスピーチに該当するか判断する審査会の役割を「多文化共生を目指す日本、大阪市で、外国籍を持つ住民などへのヘイトスピーチの横行をなくすこと」と強調し、ネット上に投稿された書き込みや動画への対応を重視する考えを示した。【岡崎大輔】

 審査会は大学教授や弁護士ら5人で構成。審査会の答申を受けた市長がヘイトスピーチと認めれば、市は発言の概要や個人・団体名をホームページで公表する。

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1096文字)

あわせて読みたい

注目の特集