新幹線清掃

「ハーバード経営大学院」の必修教材に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新幹線の清掃を終え、乗客に一礼するテッセイの従業員ら=テッセイ提供
新幹線の清掃を終え、乗客に一礼するテッセイの従業員ら=テッセイ提供

JR東グループ会社「テッセイ」 「奇跡の7分間」と話題

 【ワシントン清水憲司】手際の良い新幹線清掃で知られるJR東日本のグループ会社が、米ハーバード大経営大学院(ハーバード・ビジネス・スクール=HBS)の必修教材として採用される。短時間で清掃を終える姿がメディアで「奇跡の7分間」と話題になり、HBSも「経営者のあるべき姿を示した事例」と評価、次世代のビジネスリーダーに学んでもらうことにした。

 取り上げられるのはJR東日本テクノハートTESSEI(テッセイ)。東北、上越などJR東日本が運営する新幹線の清掃作業を請け負っている。

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1193文字)

あわせて読みたい

注目の特集