メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏

外交不安、払拭アピール 対メキシコ

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選共和党候補の実業家ドナルド・トランプ氏(70)は8月31日、メキシコでペニャニエト大統領と会談し、その後米西部アリゾナ州で不法移民対策について演説した。メキシコでは過激な言動を控えて不法移民対策などで協力する考えを示したが、帰国後の演説では国境への壁の建設や強制送還の強化など従来同様の強硬な姿勢を強調。外交手腕に対する不安の払拭(ふっしょく)と従来の支持層へのアピールを同時に狙う戦略だったようだ。

 「非常に本質的で、直接的かつ建設的な意見交換をした。我々が共通の目標に向かって協力すれば、両国はよ…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  4. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

  5. 世界の雑記帳 捨て犬かと思ったら、純血種のディンゴ 豪民家の裏庭で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです