メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユニバーサルシアター

東京・北区にオープン

 障害の有無を問わず全ての人々に映画を楽しんでもらえるよう配慮した、全国初のユニバーサルシアター「シネマ・チュプキ・タバタ」が1日、東京都北区東田端2にオープンした。午前10時の開館直後から盲導犬を連れた視覚障害者や地元住民が相次ぎ訪れ、気兼ねなく楽しめる環境で映画を満喫していた。

 「シネマ・チュプキ・タバタ」は、障害者の映画鑑賞を支援してきた市民グループ「シティライツ」(平塚千穂子代表)が運営。3階建てビルを活用し、1階部分を約20席の映画館に改修した。

 映画は字幕付き。各席にイヤホンジャックが設置され、難聴者は音声をより鮮明に聞くことが可能で、視覚障害者は会話や音楽、場面説明などもある「音声ガイド」を聞くことができる。小さい子どもと一緒に利用できる個室もあり、親子連れでも周囲に気を使わず鑑賞できる工夫もしている。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです