コンビニ店長

「過労自殺」を認定 労災支給認める

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

東京高裁 国側が逆転敗訴の判決

 東京都内のコンビニエンスストア店長だった男性(当時31歳)の自殺を巡り、遺族が労災を支給しなかった国の決定を取り消すよう求めた訴訟の控訴審で、東京高裁(高野伸裁判長)は1日、国の決定を支持した1審・東京地裁判決を取り消し、労災支給を認める遺族側逆転勝訴の判決を言い渡した。

 判決によると、男性は大手コンビニの首都圏店舗を運営する会社に勤務していたが、店長になって約5年後の2009年に自殺した。

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文404文字)

あわせて読みたい

注目の特集