連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

株価指数とは?の巻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
株価指数とは?の巻
株価指数とは?の巻

日経平均はなぜ225銘柄? 計算方法は? 株式欄を読んでみよう

新聞の株式欄を読んだことがありますか?
細かい文字がたくさんで、ちょっと分かりにくいですよね。
元証券会社社員でデイトレーダーの曙くんに聞いてみましょう。

まずは上場企業の株の値動きを示す「日経平均株価」から。
日本経済新聞社が、東証1部上場銘柄の中から代表的な225銘柄を選んで算出しているものです。

225という銘柄数に特別な意味はありませんが、売買高の多い銘柄を全業種からバランスよく選んだらこの数になったそうです。銘柄は定期的に見直されています。
新聞の株式欄を読んだことがありますか? 細かい文字がたくさんで、ちょっと分かりにくいですよね。 元証券会社社員でデイトレーダーの曙くんに聞いてみましょう。 まずは上場企業の株の値動きを示す「日経平均株価」から。 日本経済新聞社が、東証1部上場銘柄の中から代表的な225銘柄を選んで算出しているものです。 225という銘柄数に特別な意味はありませんが、売買高の多い銘柄を全業種からバランスよく選んだらこの数になったそうです。銘柄は定期的に見直されています。
では、日経平均株価とはその225社の株価を225で割った値段なのでしょうか?
これは「単純平均」。日経平均の計算方法はもう少し複雑です。

まず銘柄間の価格差を調整しなければいけません。各銘柄の株価を50円額面に換算するということです。
額面5万円の株式なら1000分の1にします。
「額面」は01年の商法改正で廃止されましたが、今でも日経平均株価算出の考え方の基になっています。

その上で株価合計を銘柄数で割ります。
例えば株価1500円のX社が、「株式分割」で1株を2株に分けたとします。
そうすると、1株の値は750円に下がります。株の数は2倍になるのでその会社の「時価総額」は変わりません。
時価総額とは、1株の単価に発行済み株式数をかけた数字です。
では、日経平均株価とはその225社の株価を225で割った値段なのでしょうか? これは「単純平均」。日経平均の計算方法はもう少し複雑です。 まず銘柄間の価格差を調整しなければいけません。各銘柄の株価を50円額面に換算するということです。 額面5万円の株式なら1000分の1にします。 「額面」は01年の商法改正で廃止されましたが、今でも日経平均株価算出の考え方の基になっています。 その上で株価合計を銘柄数で割ります。 例えば株価1500円のX社が、「株式分割」で1株を2株に分けたとします。 そうすると、1株の値は750円に下がります。株の数は2倍になるのでその会社の「時価総額」は変わりません。 時価総額とは、1株の単価に発行済み株式数をかけた数字です。
このような変化を考慮して、株価に連続性を持たせるよう修正されているのです。
つまり、昨日や1年前、10年前…と比較して、景気がいいのか悪いのかを判断するということです。こうした数値を「株価指数」と言います。

他の株価指数には、東証株価指数(TOPIX)があります。
68年1月4日の時価総額を100として、どの程度増減したか示します。東証1部の全銘柄が対象です。

米国ではニューヨーク株式市場の30銘柄を対象にしたダウ平均が有名です。
このような変化を考慮して、株価に連続性を持たせるよう修正されているのです。 つまり、昨日や1年前、10年前…と比較して、景気がいいのか悪いのかを判断するということです。こうした数値を「株価指数」と言います。 他の株価指数には、東証株価指数(TOPIX)があります。 68年1月4日の時価総額を100として、どの程度増減したか示します。東証1部の全銘柄が対象です。 米国ではニューヨーク株式市場の30銘柄を対象にしたダウ平均が有名です。
新聞の株式欄の読み方は以下の通り。
始値(はじめね)…その日の最初に成立した株価
高値(たかね)…その日の取引の中で最も高かった株価
安値(やすね)…その日の取引の中で最も安かった株価
終値(おわりね)…その日の最後に成立した取引の株価

前日比は前日の終値と当日の終値を比較したもの。
前日の終値よりも値上がりした時は白三角(△)
前日の終値よりも値下がりした時は黒三角(▼)で表します。

出来高はその日に取引が成立した株数で、単位は主に1000株です。

こちらは毎日新聞の場合。その他の新聞は、それぞれ株式欄の注意書きを見てくださいね。
新聞の株式欄の読み方は以下の通り。 始値(はじめね)…その日の最初に成立した株価 高値(たかね)…その日の取引の中で最も高かった株価 安値(やすね)…その日の取引の中で最も安かった株価 終値(おわりね)…その日の最後に成立した取引の株価 前日比は前日の終値と当日の終値を比較したもの。 前日の終値よりも値上がりした時は白三角(△) 前日の終値よりも値下がりした時は黒三角(▼)で表します。 出来高はその日に取引が成立した株数で、単位は主に1000株です。 こちらは毎日新聞の場合。その他の新聞は、それぞれ株式欄の注意書きを見てくださいね。

あわせて読みたい

注目の特集